とらや 茗荷谷

歴史

久喜市は2010年に大規模な合併が行われ、新たなスタートが切られました。その意味では新しい市なのですが、実際には記録に残るだけでも中世にまで遡る古い歴史を有した地域となっています。

 

久喜市の歴史が最初に歴史の表舞台に登場するのは中世末期、関東地方の騒乱のさなか、古河公方の2代目、足利政氏が本町6丁目に隠居することにはじまります。足利氏のひとりが余生を過ごした場所なのです。この時期と重なるようにして久喜市周辺では大規模な開発と発展が進むようになり、甘棠院、天王院、光明寺といった市内を代表する寺院が16世紀に開山されています。江戸時代に入ると米津政武によって久喜藩が誕生します。交通の便に恵まれていたこともあり産業が発達し、江戸時代を通して職人・商人の町として活発な繁栄を見せます。なお、1660年には葛西内水路が竣工されています。

 

近代に入ると久喜市は目まぐるしい歴史を辿ることになります。1878年には埼玉郡が分割され、南埼玉郡へと所属先が代わります。さらに1889年には南埼玉郡久喜本町と久喜新町、上早見村が合併することで久喜町が誕生、久喜市の直接のルーツともいえる地域が生まれます。

 

さらに1954年にも合併が行われ区域が拡大し、1971年に市制を施行、久喜市として生まれ変わります。そして2010年にさらに合併が行われ、人口・面積ともに大幅な規模の拡大がなされて現代に至っているのです。久喜市は江戸時代から現代まで、繁栄を続けながら拡大してきた町といってもよいでしょう。


埼玉の風俗サイトでデリヘル探し

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/